個人再生で変わった

| ブログ |

私は個人再生という助けを得たことで家のローンの支払いがはるかに安くなりました。これまでは毎回返済するのが辛かったのですが、個人再生で助けられたことで返済にかかる金額がずっと減り、生活に余裕が生まれました。勇気を出して弁護士に相談してすさまじくおもしろかったです。借金など踏み倒したらって御友達に言われたけれど、それは無理だと考えて債務整理をする事にしました。債務を整理すれば借金の額は小さくなりますし、どうにか返済していけると考え立ためです。

お蔭で毎日生活していくのが苦しくなくなりました。

借金が多くなってしまって任意整理をおこなわなければならなくなった場合、また新たに借り入れをしたくなったり、クレカをつくろうと考えても、信用機関には、情報が残るため、審査を通ることは出来ず、当分の間はそのような行為を行なえないのです。

借金をすることがクセになってしまっている方には、結構の厳しい生活となるでしょう。

もし任意整理や個人再生などの債務整理をおこなうのだったら、安定収入があることといった条件がつきますが、生活保護費を受給している場合はここでいう「収入」にはふくまれません。
本来、生活保護費というのは最低限の生活を保障するためのものですから、借金返済などに流用すれば、支給停止という厳しい措置が待っています。

したがって、生活保護を受給している方は、借金の整理するなら自己破産以外にはないと思っておいて下さい。

借金を返済できないのです