返済が滞ると督促や取たてが

| ブログ |

はじまりますが、その間に借金の額を減らす「債務整理」を行なえば、司法書士や弁護士によって債権者あてに受任通知書というものを送付すると、書状を受け取った日からは一切の催促、連絡行為は止みます。もし督促や連絡などがあれば違法行為ですので、依頼している司法書士や弁護士にすみやかにその旨を伝えるようにしましょう。依頼者本人が債権者の相手をする必然性はありませんし、もし対応すれば相手に禁止行為を指せることになるので、断ってください。任意整理で和解に達しても、債務が残り返済義務があります。
弁護士を頼んでせっかく債務整理したはずなのに、肝心の減額が思うようにできなかったという結果になり、がっかりしたという声もない所以ではありません。

こんなはずではなかったと後悔しないよう、債務整理を行う前にはよく考えなければいけません。
借金の整理に関する相談を無償で受け付ける窓口として、法律事務所等がかなりありますし、専門知識のある人のアドバイスを聞いてみるのもいいでしょう。債務を整理を行っても生命保険を解約する必要がない場合があったりします。

任意整理を実行しても生命保険を解約しなくてもいいでしょう。
注意しないといけないのは自己破産をする際です。自己破産をする時には生命保険を解約するように裁判所によって命じられる時があります。

大抵は債務整理の対象は個人に限定されていますので、プラスとマイナスの影響も本人に対してだけで配偶者や家族にはそれほど及びません。それでも、例に当てはまらないものもあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。なぜなら、夫の支払い能力に準拠して審査がされているからです。
それだけでなく、新しくカードを創りたいと思っている家族がいても、同じ住所に住んでいると審査をクリアできないことも考えられます。
借金を返済できないんです